三重県 御浜町
年中みかんのとれるまち・世界遺産「熊野古道」の通るまち御浜町  
文字を大きくするには- 
サイト内検索
ホーム お知らせ 御浜町概要 申請書ダウンロード メールを送る アクセス サイトマップ

トップページ >> 税務課 >> 納税方法について

役場各課のご案内





  住 民 課



  農林水産課





妊娠・出産
学校
妊娠・出産
学校・文化
健康づくり
健康づくり
・スポーツ
くらし
病気・けが・年金
子育て・保育
病気・けが
・年金
子育て・保育
福祉・介護
結婚・離婚
福祉・介護
結婚・離婚
産業 その他・行政情報
産業
その他・
行政情報
税務課
課税係 


納税方法について

個人住民税の納税方法には普通徴収と特別徴収の2つがあります。

普通徴収(事業所得者などの場合)
 御浜町役場から送付された納税通知書により、個人で納めていただきます。

給与からの特別徴収
 給与支払者(会社など)を通じて納める方法で、6月から翌年の5月まで12回に分けて給与から差し引かれます。

公的年金からの特別徴収
 平成21年10月から、介護保険などと同じように、年金が支給される際に町・県民税を差し引きする特別徴収制度が開始されました。

【対象者】
 その年の4月1日時点で、公的年金等を受給している65歳以上の人が対象となります。
 ただし、次の人は対象となりません。
◆老齢基礎年金などの給付額が18万円未満の人
◆年金から介護保険料が特別徴収(天引き)されない人
◆その年の町・県民税の額が老齢基礎年金の給付額を超える人

【対象となる年金】
 老齢基礎年金や老齢厚生年金などが対象となります。障害年金や遺族年金など非課税の年金からは引かれません。

【差し引きされる町・県民税】
 差し引きされるのは年金所得から計算した町・県民税のみです。給与所得や農業所得などの金額から計算した町・県民税はこれまでどおり給与からの差し引き、または納付書などにより納めていただくことになります。

【特別徴収の開始時期】
初年度(新規65歳到達者など年金特徴開始年度の特別徴収税額の計算方法)

 -

普通徴収

年金特徴

-

6月(1期)

8月(2期)

10月
12月
翌年2月
税額

年税額の4分の1ずつ

年税額の6分の1ずつ

※初年度は年金からの天引きが10月からとなるため、6月と8月は普通徴収となります。

2年目以降(公的年金から特別徴収継続者の特別徴収税額の計算方法)

 -

仮徴収税額

本徴収税額

4月

6月

8月
10月
12月
翌年2月
改正前
(現行)

前年度分の本徴収税額÷3
(前年2月と同額)

(年税額−仮徴収税額)÷3

改正後
(前年度分の年税額÷2)÷3
(年税額−仮徴収税額)÷3

○仮徴収税額の算定方法の見直し(仮徴収税額の平準化)
 平成25年度税制改正で、年間の徴収税額の平準化を図るため、仮徴収税額を「前年度分の公的年金等に係る所得割額と均等割額の合算額(年税額)の2分の1に相当する額とする」こととされました。
 この改正は平成28年10月1日以後に実施する特別徴収から適用されますが、実際に平準化が始まるのは、平成29年分の年金天引き分からとなります。
 ※本改正は、仮徴収税額の算定方法を見直すものであり、年税額に影響はありません。

【問い合わせ先:税務課課税係 電話05979(3)0510



無断転載禁止

御浜町役場 〒519−5292 三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和6120-1
電話:05979−3−0505 FAX:05979−2−3502
御浜町章