三重県 御浜町
年中みかんのとれるまち・世界遺産「熊野古道」の通るまち御浜町  
文字を大きくするには- 
サイト内検索
ホーム お知らせ 御浜町概要 申請書ダウンロード メールを送る アクセス サイトマップ

トップページ >> 住民課 >> 国民年金について

役場各課のご案内





  住 民 課



  農林水産課





妊娠・出産
学校
妊娠・出産
学校・文化
健康づくり
健康づくり
・スポーツ
くらし
病気・けが・年金
子育て・保育
病気・けが
・年金
子育て・保育
福祉・介護
結婚・離婚
福祉・介護
結婚・離婚
産業 その他・行政情報
産業
その他・
行政情報
住民課
保険年金係


国民年金について

 国民年金に加入する人(必ず加入しなければならない人)

国民年金制度では、日本国内に居住する20歳以上60歳未満の人は、必ず国民年金に加入することになっています。

※加入者は3種類

第1号被保険者【20歳以上60歳未満の下記の人】

@ 農業、漁業、商業など自営業の人とその家族
A 大学、短大、専門学校などの学生
B 障害年金を受けている人とその家族
C 遺族年金を受けている人
D 他の年金制度で老齢(退職)年金を受けるための必要期間を満たしている人(受給権者でない)とその配偶者
E 厚生年金保険や共済組合の加入者の配偶者であっても相当の収入があるため、被扶養者として認定されていない人
F 厚生年金の適用を受けていない事業所等に勤務する人及びその配偶者

第2号被保険者【20歳以上65歳未満の下記の人】
【厚生年金保険や共済組合に加入している人。65歳以上の加入者については老齢(退職)年金などの受給権者となっている人は除きます】
 会社や役所、学校あるいは法人などに勤めるサラリーマンは、厚生年金や共済組合に加入しますが、自動的に国民年金にも加入することになります。

第3号被保険者【20歳以上60歳未満の下記の人】
厚生年金保険や共済組合の加入者(第2号被保険者)に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人
*詳しくは、お問い合わせ下さい。 
【お問い合わせ:住民課 電話:05979−3−0512】 

 国民年金、こんな場合には《届出》が必要です!

国民年金の加入の種別が変更になったり、氏名や住所が変わったりしたら、年金記録をつなぐためにも忘れずに届け出をお願いします。

自営業・学生など(第1号被保険者)

こんなとき 届出先 必要書類等
会社員・公務員になった 勤務先 ・勤務先へお問い合わせください。
会社員・公務員と結婚し、
扶養されるようになった
配偶者の勤務先 ・配偶者の勤務先へお問い合わせください。

*国民健康保険に加入されていた方は、国保の喪失の手続きが必要です。国民健康保険証、新しく交付された保険証、印鑑を持って役場窓口にお越しください。
*国民年金保険料を口座振替で納めている方は、口座振替を取り消す必要があります。口座振替をご利用している金融機関窓口で口座振替の取消をして下さい。(通帳届け出印が必要です)

会社員・公務員(第2号被保険者)

こんなとき 届出先 必要書類等
退職した 役場 ・離職票、退職証明書等(退職日を確認できるもの)
・年金手帳
退職し、すぐに再就職した
(同月内での退職・再就職)
新しい勤務先 ・勤務先へお問い合わせください。
会社員・公務員と結婚し、
扶養されるようになった
配偶者の勤務先 ・配偶者の勤務先へお問い合わせください。


会社員・公務員に扶養されている配偶者(第3号被保険者)

こんなとき 届出先 必要書類等
年収が130万円以上になった 役場 ・健康保険資格喪失証明書
(配偶者の扶養から外れたことが分かるもの)
配偶者が退職して自営業など(第1号被保険者)になった 役場 ・配偶者の離職票、退職証明書、健康保険資格喪失証明書等
・年金手帳
会社員・公務員になった 勤務先 ・勤務先へお問い合わせください。


*詳しくは、お問い合わせ下さい。 
【お問い合わせ:住民課 電話:05979−3−0512】

 国民年金保険料の納付と免除 

国民年金保険料収納事務については、従来、市町村となっておりましたが、平成14年4月からは、国(現在は日本年金機構)で取り扱っています。保険料の納め方には「毎月納付」と期限までに一括して納める「前納」があります。それぞれ、納付書を使って銀行、郵便局、農協等の金融機関やコンビニエンスストアで現金納付する方法や、口座振替により納める方法があります。その他にクレジットカードによる納付もできます。
 また、納めた国民年金の保険料は、社会保険料控除として所得から控除できますので、領収書等は大切に保管してください。

《保険料の免除制度》〜保険料の納付に困ったら〜
失業や所得が少ないなど国民年金保険料の納付が困難なときは、本人の申請により、前年所得に応じて保険料の納付が免除または納付猶予される制度があります。
※障害年金(1級または2級)を受けている方や生活保護法による生活扶助を受けている方などは「法定免除」の手続きをしてください。

申請免除
本人・配偶者・世帯主の前年所得が一定額以下の場合に申請手続することにより、保険料の納付が免除される制度です。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。

学生納付特例制度
本人の所得が一定以下※の学生が、申請により在学期間中の保険料を社会人になってから納付することができる制度です。※所得の目安は118万円+扶養親族等の数×38万円で計算した額以下である場合です。  
[対象となる学校]大学・大学院・短大・高等専門学校・専修学校及び各種学校、その他の教育の施設の一部の学校 
(それぞれ夜間、定時制、通信教育の課程を含みます。) 

若年者納付猶予制度
本人及び配偶者の前年所得が一定額以下※の20歳以上30歳未満の方は、申請により保険料の納付が猶予されます。(世帯主の所得は問いません。) ※単身の場合57万円(収入ベースで122万円)が目安です。
 この期間は、年金を受給するための資格期間には参入されますが、年金額には反映されません。

*詳しくは、お問い合わせ下さい。 
【お問い合わせ:住民課 電話:05979−3−0512】

 国民年金(老齢基礎年金)の請求

老齢基礎年金は、原則として65歳になったら受けられる年金です。国民年金、厚生年金、共済年金の納付期間及びカラ期間を合算して25年以上となる人が請求することができます。
老齢基礎年金の受給開始年齢は、65歳ですが、60歳以上65歳未満の間に繰り上げて、減額された年金を受けることや、66歳以降に繰り下げて増額された年金を受けることがができます。
請求手続きに必要な書類は、戸籍謄本や住民票などですが、納付記録などにより異なります。

※老齢基礎年金を受けるために必要な期間が短縮されました。
老齢基礎年金を受け取るのに必要な期間が、「25年」から「10年」に短縮されることになりました。制度の開始は平成29年8月1日です。
日本年金機構では、これまでに対象となる方に黄色の封筒(A4サイズ)をお届けしています。
必要書類など不明な点があれば、お気軽に役場 住民課 年金係または年金事務所にお問い合わせください。

【お問い合わせ:住民課 電話:05979−3−0512】

年金に関するご相談・お問い合わせ先

御浜町役場住民課 保険年金係
〒519−5292 南牟婁郡御浜町大字阿田和6120番地1
電話(05979)3-0512 午前8:30〜午後5:15
     
日本年金機構尾鷲年金事務所
〒519−3692 尾鷲市林町2−23
電話(0597)-22-2340
※受付時間 平日(月曜〜金曜)午前8:30〜午後5:15

年金相談について(尾鷲年金事務所の出張相談)

御浜町役場本庁において毎月第2水曜日(10:00〜14:00)に尾鷲年金事務所の出張相談を開催しています。相談を希望される方は、事前にお電話等(電話3−0512)でお問い合わせください。

年金相談 年間スケジュール(PDFデータ:48KB)



無断転載禁止

御浜町役場 〒519−5292 三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和6120-1
電話:05979−3−0505 FAX:05979−2−3502
御浜町章